1990年創業時の経営理念(現 創業の念い)

経営理念
私たちは居心地のいい空間を通して、
髪・体・心の美しさと健康を提供し続けます。

コンセプトの進化と軌跡

1990年6月20日
”Pool Mode HIGH BRIDGE ”がオープン。"pool mode"=おしゃれの溜まり場として最先端のデザイン、傷まない薬剤、お客様に触れるものに徹底してこだわりお客様に喜ばれてきました。当時ヘアケアが充実していなかった時代に、全米No.1プロ用プロダクツ”PAUL MITCHELL”とヘアショーで出逢い衝撃を受け、髪にも環境にも優しく、水溶性で再現性が高いことに感動しました。デザインxプロダクツで再現性の高さとモードなデザインが人気を呼び、瞬く間に話題のサロンとなり雑誌に多数掲載されました。

1995年11月 
” HIGH BRIDGE 瑞江店 ”をオープン。
改装後は「Total Beauty & Health」というコンセプトで、靴を脱ぎ、1店舗の中で外側と内側の美と健康が叶うサロンへと進化しました。約20年前にヘッドスパ専用個室を設置し「いいデザインは髪と頭皮の健康が大切」という考えで、植物療法士が開発したオリジナルメニューも定着しました。

 
” Hi puchi "という「カラー専門店」を限定オープン。
自動販売機でカラー剤を購入後、美容師免許のあるスタッフがカラーを塗布して全自動シャンプー&ドライというサービスを始めました。今では当たり前の「カラー専門店」の先駆けを出店していました。

2009年7月24日
”Luz自由が丘”6Fに、「Botanical Treatment Salon & Cafe FoRest」をオープン。
飲食業であるカフェと美容サロンという異業種を組み合わせたサロンは大変珍しく、雑誌・テレビにとりあげられました。なかでも、「アド街ック天国」での反響が大きく、多くのお客様との新しいご縁をいただきました。小さなお子さんを連れたママさんが気兼ねなく体にいい食事やリラックスタイムを過ごしてもらえるよう、”子連れカフェ”、”ママさんDAY”を設け、ブログや口コミで広まっていきました。

2016年8月8日
自由が丘1丁目の路面に移転し、都内初となるPAUL MITCHELLコラボレーションサロンをオープンいたしました。それが実現できたのも30年前の出逢いとメーカーからの信頼をいただけたからです。”女性を美しく元気にする”というコンセプトのもと、ゆったりとした時間と空間で髪・体・心の美しさと健康を提供し続けるサロンを目指しています。目に見えない心の安心や人のやさしさに触れながら、私たちは頑張る女性の応援団でありたいと思っています。

”女性を美しく元気にする”
The power of Beauty


お客様をみつめるホリスティック(全体美容)の原点

専務取締役 髙橋都子
美容家・植物療法士

 美容に携わる人なら誰でも一度はぶつかること。それは、真の美しさは表面だけでは不十分であるという事実。私たちも開業して10年目のころ、髪をきれいにするだけでなく、もっと私たちにできることはないかと考えるようになりました。
 美しい髪は頭皮の健康が重要といち早くヘッドスパを、続いてリフレクソロジーを始めました。どんどんボディケアの勉強を重ね、フランス発の植物療法の資格を取得し、ボディトリートメントもメニューに加えました。その間に私自身に子供が生まれたことで食への感心が高まり真の美しさは体の中からのアプローチも欠かせないと考えオーガニックカフェを併設した店舗をもちました。
以前から美容をホリスティックに捉える重要性は語られていましたがそれを一つにまとめた施設はありそうでありませんでした。ますます進化する業界を牽引していきます。
                  (「Request QJ」2011年掲載記事より抜粋)